大学生が新商品開発!?
 第5回 フレームワークとは!?

  • 2011年09月20日

フレームワークを使って新商品開発に挑んだ学生達。
その結末は、なんと!?


(9/6(火)付、山形新聞)
10月に発売されるそうです!!
大学生が考えた新商品、カタチになりました!! 素晴らしい活躍ですね!

最後に、座談会形式で『28歳の仕事術』の感想を聞きました。

[フレームワーク/ビジネススキルについて]
・フレームワークをダメな例と比べながら実際に使ってみて理解できた。
・フレームワークを使うことでチームの理解度の足並みをそろえることができた。
・『SWOT分析』は、就活での企業分析はもちろん、普段の生活にも役立つ。
・スケジュールの立て方については、仕事の進め方が分からなかったので難しく感じた。
・クリティカルパス、ウォーターフォールは初めて見るので難しかった。

「実際に使ってみて理解できた」この一言が、
この本の使い方の「これがベスト」ですね!
就活にも使えるという貴重な意見を頂きました。

[新商品開発について]
・コンセプトを固めてから開発をしないと、現状の商品に引きずられてしまうことが分かった。
 コンセプトが決まってからは軸が安定し、いろいろなことが定まった。

記事にもありますが、コンセプトは「彩色健美」でした!
色合いの鮮やかさやヘルシーさを求めているというデータを元に
チームで考えたそうです。巧いですね!

[物語について]
・実際の商品開発の流れがよく分かった。
・登場人物が完璧な人じゃなく、仕事を通じて成長していくところがよかった。
・「君が辞めても誰も困らない」という作中の台詞が印象的。

商品開発の初めから終わりまでを描いたビジネス書はそれほど多くありません。
役に立てたようでなによりです!
さて、仕事を通じて、最も成長したのは誰でしょうか……?

[要望]
・ターゲットの決め方、アンケートの作り方とブランディングの方法も知りたい。
・28歳だけでなく、大学3年生、4年生にも読んで欲しい。

続刊を願う意見を頂きました。ありがとうございます!
タイトルには28歳とありますが、大学生にも役立つ内容です!

5回にわたって紹介した、法政大学経営学部小川ゼミの新商品開発は今回が最後となります。
取材に応じてくれた学生のみなさん、ありがとうございました。
お弁当の発売を楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です