モリリンの腹黒ゲーム開発[就活編]
#4 仕事の向き不向きって?

  • 2011年12月12日

「え、自己分析やって、自分のことを知れば……そしたら、自分に向いてる仕事とか、わかるんじゃないんですか」
「うーん、ちょっと待ってね……」
 そういえば自分が学生の時にも、目の前のシブチンと同じことを考えていた気がする。妖精のドールハウス『トラフェア』の仕事をやりたかった。それがいちばん向いていると思ってた。でも、恐竜型プラモデル『ダイノス』の仕事は、やってみて、いや、やらせてもらえて本当に――
「あのね、自分に向いてる仕事なんて、ないよ」
「え?」
「やったこともない仕事に向いてるかどうかなんて、誰にもわからないからね」
「じゃあ……」
「自己分析は自分を整理するためのもの。向き不向きとは別」
 シブチンは腕を組んで悩み始めた。
「じゃあ先輩、プラモ好きで、ブログにアップして、結構コメントもらってたりするのは……」
「自己アピールには使えるかもしれないけど」
「向いていないってことですか?」
「そうじゃなくて。好き嫌いや強み弱みは自分で整理して考えられるけど、向き不向きは企業が考えるってこと」
「自分では強みとかって思っててもダメですか。そしたら強みとか弱みとかって、整理しなくてもいいような……」

to be continued

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です