モリリンの腹黒ゲーム開発[就活編]
#1 就活って?

  • 2011年12月09日

 プラモデルをつくりたい。シブチンのその想いは大事だが、それだけでは内定はもらえない。
(まずは自己分析でしょ、で自己PRまとめて、SPI勉強して、業界研究……いや、その前にインターンやって仕事を理解しつつ企業にアピール……ん?)
「シブチン、就職活動ってひとことでまとめるとなんだと思う?」
「え、仕事探し、じゃないですか?」
 学生の視点で考えたらその通りかもしれない。とはいえ、社会人となってから振り返ると、それだけでは足りない気がする。
「自分自身を売ること」
「え?」
「やりたい仕事をやらせてください、だけじゃダメなんだよ。自分はこんなことやりたい、それはそれですごく大事。でも、やりたくないこともたくさんあるし」
 シブチンはノートを開いて、モリリンの言葉をメモし始めた。
「でも、先輩はやりたい仕事をやってるんですよね! 特別なアピールとかしたんですか?」
 妖精のドールハウス『トランシルヴァニアンフェアリィ』、通称『トラフェア』を自分の手で作りたくて、ZAIN社を志望した。ところが、恐竜型プラモデル『ダイノス』のリメイクプロジェクトに配属された。
「やりたい仕事ね……」

to be continued

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です