モリリンの腹黒ゲーム開発
 #8 やりたい仕事って?

  • 2011年12月08日

 ターミナル駅から少し歩いたところにある喫茶店に向かう。今からなら時間取れるよ、とメールしたところ、ダッシュで行きますという返事をもらった。フットワークは軽いようだ。
(わたしもサークルの先輩たちに無理なお願いしたしね……)
 禁煙席を見渡すと、スーツ姿の小柄な青年の姿が目に入った。
「モリリン先輩! お忙しいところありがとうございます!」
「シブチン、ひさしぶりだね」
 シブチンこと渋谷義之は3つ下の後輩だ。サークルで共に過ごした時間は少ないが、ゼミが同じこともあり、モリリンにとっては弟子のような感覚を持っている。ソファ席に座りアイスティーを頼む。
「で、シブチン、玩具業界に興味があるってメールに書いてあったけど……」
「『ヴァンザム』を作りたいんですけど、どうやったらそういう仕事ができるのかなって」
 ヒト型戦闘ロボット『重機兵ヴァンザム』はライバルのバルカン社の製品だ。小学生から社会人まであらゆる男子を夢中にさせている。
「モリリン先輩は『トラフェア』をやりたくてZAIN社を選んだって聞きました! 自分のやりたいことを仕事にするのって、なんか、すごいですよね!」

to be continued

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です