モリリンの腹黒ゲーム開発
 #3 ひとり立ち

  • 2011年11月30日

 どうやら東南アジアの某工場でトラブルが起きたようだった。香織への挨拶もそこそこに、モリリンはひとり、本社とは別の拠点にある企画8課へ向かうことにした。
(香織先輩に頼ってばかりじゃ、ダメだよね……)

 地下鉄の車内で、3通のメールを確認した。異動について人事部から、備品整理について総務部から、そして上司についてショータこと大島翔太からのメールだ。
 ゲームではなく研修ソフトを開発すること。これは課長も言ってたこと。本社の机まわりは片付けないでいいということ。つまり長期の異動ではないらしい。そして企画8課の課長は――
「『ゆあろん』のカンダタさん……?」
 『ゆあろん』とは大ヒットした恋愛シミュレーションゲーム『You Are Not Alone』のことだ。2年前の作品だが、現在でも続編や派生商品が作られている。自社内で知らない者はいない。
(カンダタさん……恋愛シミュレーションゲーム『ゆあろん』を生み出した、天才ゲームクリエイターだよね……って、なんでその人が研修ソフトをつくるんだろう……うーん)
 ショータが無理やり持たせた紙袋を両手に提げ、地下鉄の駅を降りる。

to be continued

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です